プリンター

設備費用の負担を抑える

計画的な利用が大切

カラーチャート

複合機はコピーやスキャナなどが1台の機会でできるので便利ですし、オフィスではなくてはならない存在です。会社を立ち上げる人にはそろえたい設備ですが、費用が高いので負担になってしまいます。しかし、複合機のリースだと、その負担を抑えるだけでなくいろいろなメリットが生まれてきます。 このため、複合機のリースを利用する会社は多いですが、デメリットも場合によっては発生してしまいます。まず、リースを契約すれば、その期間が終了するまで解約することはできません。万が一事情ができて解約しなくてはいけない場合は、解約金が発生してしまうので注意が必要です。そのため、複合機のリースは計画的に利用することが大切なので、安易な考えで利用するとこういう事態になってしまうことも考えられます。

経営者の大きな味方

複合機のリースの魅力は、初期費用を抑えていくことができる点です。通常、これらを購入する場合は大きな費用となってしまいます。会社経営者にとって、最初の経営費用は何かとかかってしまうので、できれば安く抑えていきたいものです。そこで、購入するのではなくリースを契約すれば、毎月のリース料だけで済むので、負担が軽いことで会社経営も楽になってきます。 この会社に関係する設備の購入は経費として計上できますが、このリース料も同じく経費として認められています。契約期間終了間際となると引き続き利用できる更新もあるので、気に入ればそのまま続けることも可能です。 このようなことが会社にとって大きなメリットとなってくるので、複合機を始めとしたリースの利用は人気があります。少ない資金でも会社を経営できる1つのサービスとして、経営者の味方でもあるのです。